初めてのファッション時計!風防の素材もチェックしてみて

初めてのファッション時計!風防の素材もチェックしてみて

風防の種類は大きく分けると3つ

ファッション時計を購入するときは、予算を決めて日頃のファッションに合わせやすいようなデザインの時計を探すという人が多いかもしれません。しかし、風防の素材もチェックしておくと、日常生活にぴったりの時計が選べますよ。それでは、風防の種類を3種類ご紹介します。

自分で磨くこともできるプラスチック風防

一昔前まで主流だったのがプラスチック風防で、別名はアクリルガラスです。安価で、ドーム型などにも加工できるのが特徴です。透明度が高いので、文字盤が見やすいというメリットも兼ね備えています。ガラスより粘性と弾力性に富み、割れる可能性が低いです。
その一方、変色のしやすさや傷付きやすさがデメリットに挙げられます。ただし、プラスチック研磨剤を使って磨くことが可能です。

安っぽいのは嫌だという人はミネラルガラス風防

見た目に高級感が欲しい場合は、ミネラルガラス風防がいいでしょう。ある程度強くてプラスチック風防のように細かい傷は付きにくいものの、一旦傷つくと磨くことができません。
それから、割れるリスクがあります。そのため、化学処理や熱処理を行ったクリスタルガラスやハードレックスなどの強化ガラスも作られています。

強靭な風防が欲しければサファイアガラス風防

風防の中で最も硬度が高いと言われるのが、サファイアガラス風防です。実際はガラスではなく、人工サファイア粉を高温で溶かして結晶化した素材となります。その硬さはダイヤモンドに次ぐ天然サファイアと変わりません。滅多なことでは割れたり傷が付いたりしませんが、靱性は低いために1ヵ所に集中して力が加わると割れることがあります。

今、盛んにニュースで取り上げられているIWCですが、国際捕鯨団体の略称だけでは無く、時計メーカーの略称でもあります。そちらはインターナショナル・ウォッチ・カンパニーです。