洋服と同じように時計も着こなすことがおしゃれです

洋服と同じように時計も着こなすことがおしゃれです

時計は時間をみるための道具ではありません

時計を機能性だけでとらえるなら時刻を示す数字と長針と短針があれば事足ります。しかし、時計は時間をみる以外にも役割があります。それはファッション性です。例えば、おしゃれをするために衣服について考える人がいます。これは誰でも考えつくことですが、衣服だけでおしゃれを考える人はまだまだセンスが足りません。
実は、おしゃれとは衣服以外の部分で決まることも多々あります。本当におしゃれな人は「おしゃれをしている」と強調するのではなくおしゃれをする」のがうまい人です。衣服以外と言いますと靴とかバッグなどが思い浮かびやすいですが、時計はおしゃれアピールに最適なものです。時計のCMなどではわざとらしく時計に注目が行くように撮影していますが、普段の生活では違うパターンを考えるほうがおしゃれになります。

さりげなくおしゃれセンスをアピールする

本当におしゃれを理解している人は「さりげなく」をとても大切にしています。普通の振る舞いの中におしゃれを訴える部分があるのが理想です。そこで重要になるのが時計です。人はなにか動作をする際は必ず手を動かすものです。そのときは自然に手首が目に入りますが、そのタイミングを生かすのが時計です。
時計でおしゃれセンスを伝えるにはそのときどきの合わせるのがコツです。時計でおしゃれと言いますと、金額を考える人がいますが、単に高い時計をするだけでは決しておしゃれとは言いません。TPOに合わせた時計をすることが大切で、場合によっては100円ショップの時計も使い方によっては十分おしゃれに貢献することができます。

高額商品として有名なロレックスの腕時計、なかなか欲しくても買えない価格帯です。しかし、中古ならリーズナブルな料金で買えます。