機械式時計はどこをお手入れすれば良い?日々のお手入れで長持ちさせよう

機械式時計はどこをお手入れすれば良い?日々のお手入れで長持ちさせよう

まずはケースと風防をお手入れしよう!

機械式時計を持っている方、日々のお手入れをしっかりしていますか?クオーツ式の時計よりも、機械式時計は精密にできているので日々のお手入れは重要ですよ。
まずしておきたいのが、ケースと風防のお手入れですね。ケースというのは時計本体の事で、風防は文字盤の上につけられているガラスのカバーです。直に触れる機会が多い部分なので、汚れがつきやすくなっています。お手入れの方法としては、クロスで綺麗に拭いてあげる事です。メガネ拭きなどでも綺麗に落とす事ができますよ。ただ、水拭きは錆びの原因になるので避けた方が良いですね。
長時間時計をつけていると、汗がつきやすい部分でもあるので、外出から帰った後はしっかり乾拭きしてあげてください。保存する時は、乾燥した場所で保存すれば時計が長持ちしますよ。

ベルト部分の汚れが溜まりやすい!

機械式時計のベルト部分も汚れが溜まりやすいので、しっかりお手入れしてあげたいですね。ベルトはいくつか種類があります。金属製、革製、布製などがありますね。金属製の物は、コマとコマの間に汚れが溜まりやすいんです。もし汚れが気になるようだったら、ベルトを本体から外して、中性洗剤で洗うと綺麗になりますよ。もし超音波洗浄器を持っているなら、それを使うのもおすすめです。革製のベルトなら、革靴と同じようなメンテナンスをすればOKです。表面が乾燥してきたらクリームを塗って保革してあげましょう。毎日同じベルトを使用しないで、いくつかのベルトを交互に使うと長持ちしますよ。

ダミアーニはイタリア生まれのジュエリーメーカーで日本でも店舗展開がされています。世界的にも評価が高い技術は日本でもとても人気があります。