壁面緑化を行うことで発生するメリット・デメリット

壁面緑化を行うことで発生するメリット・デメリット

建物に光が直接当たらなくなり空調費を節約できる

壁面緑化を行う際のメリットで大きな点は、空調費を節約できる点です。建物に直接光が当たらないので、外壁面の温度上昇を抑えるとともに、紫外線による劣化も抑えることができます。また植物から発生する水蒸気により、夏場は気温を下げてくれるので暑さを和らげる効果があり、逆に冬場は水蒸気によって湿度を上げてくれるので、乾燥を抑えることも期待できます。

建物のコストと初期費用がかかります

壁面緑化を行う場合、植物の重さが建物にかかってきてしまうため、それを支えるための強度が必要となります。そのため想定しうる強度を持たない場合には、それを補強するための工事を行わなければいけないこともあります。改装や耐震性を考慮することにより、コストが上がっていくのでその点に注意が必要です。また植物を這わせるためのワイヤーやネットなども必要となるので、初期費用がかかります。初期費用にはその他にも、利用する植物や土などの値段も含まれるので把握しておきましょう。

しっかりと植物の手入れをする必要があります

植物をワイヤーやネットに這わせて終わるわけではなく、その後の手入れも壁面緑化では大切なことです。植物であるので水やりや肥料も必要となり、枯れた部分があればその部分を取り除いたり入れ替えたりする必要があります。温かい時期では害虫が発生する可能性もあるので、その駆除の必要性もあります。また場合によっては近隣に迷惑をかけることもあるため、壁面緑化を行う際には十分な注意が必要です。このようなデメリットもあるので、行う場合には気を付けましょう。

緑豊かな植物は目にやさいしです。また、壁面緑化は木陰を作ってくれるため、涼を取ることができるのです。