オーバーホールは必須?機械式時計の手入れとは?

オーバーホールは必須?機械式時計の手入れとは?

機械式時計は自然に劣化していく

機械式時計は寿命が長いと言われていますが、実は特に手入れをしないでいると数年でまともに時を刻めなくなるのが一般的です。ネジを巻いて歯車を動かすというだけでうまく時を刻んでいるのが機械式時計の特徴であり、その精密さは他のタイプの時計に比べて極めて高くなっています。経験劣化はどのようなものでも起こりますが、機械式時計の場合にはその影響が顕著です。少しのムーブメントの狂いによって時刻が狂うようになってしまうので、大切に扱わなければなりません。しかし、腕時計を使っているといつも振動したり、温度差などの影響を受けたりすることは必至です。そのため、定期的に調整を行っていく必要があります。

オーバーホールが寿命を決める

オーバーホールは機械式時計をほぼ新品同様の状況にするのに適した方法です。時計職人に依頼して時計を解体してもらい、全てを調整し直すだけでなく、劣化が進んでしまった大半の部品を交換してしまうのオーバーホールと言われています。これによって機械式時計は正確に時を刻めるようになるので、古くなってしまった時計でも寿命を延ばせるでしょう。普段から使用する場合には定期的に行うようにするのが大切であり、あまり放置してしまうとオーバーホールが難しい状況になってしまう可能性も否定はできません。頻度はケースバイケースですが、2年から6年に1度くらいはオーバーホールに出すようにすると長く使えるようになるでしょう。機械式時計を使い続けるためにはオーバーホールは欠かせません。

グランドセイコーは日本が世界に誇る高級時計メーカーです。エレガントでハイセンスなデザインが魅力です。